【ロケ地】映画『プラダを着た悪魔』でアン・ハサウェイが朝食を食べたニューヨークのカフェを紹介

アン・ハサウェイ主演の大人気お仕事ムービー『プラダを着た悪魔』は、本編に登場する多くのシーンがニューヨークの中心都市マンハッタンで撮影されています。数あるロケ地の中から今回は、映画の終盤でアンディがボーイフレンドのネイトと食事をしたオシャレなカフェを、実際に訪れた際の写真とともに紹介します。

Bubby’s外観

『プラダを着た悪魔』のロケ地のカフェはどこ?

映画『プラダを着た悪魔』で、カフェでアン・ハサウェイが演じるアンディがボーイフレンドと話していたシーンは、ニューヨークの有名都市マンハッタンにあるカフェBubby’sで撮影されました。

カフェBubby’s公式サイト→https://www.bubbys.com

Bubby’s正面入口

カフェBubby’sの場所・アクセスは?

マンハッタンの下部、カナル・ストリート駅から徒歩5分から10分ほどの場所に位置するカフェBubby’s。マンハッタンの中心地とも言われるタイムズスクエアからは、地下鉄を利用して20分ほどで訪れることができます。(42 St-Port Authority Subway Stationから地下鉄A,C,Eのどれかに乗り、Canal Street Stationで下車。)

カフェBubby’sの中の雰囲気は?

カフェBubby’sは、落ち着いた雰囲気のおしゃれな空間でした。テーブル席がほとんどで、家族連れのお客さんや一人で来ているお客さんなど、年齢層は幅広め。気軽な格好でいける、ちょっとおしゃれなカフェレストランという感じでした。

カフェ内観
カフェ内観

カフェBubby’sのメニュー、予算は?

映画のロケ地に使われるレストランは、気軽に行くには予算が高めなお店も少なくないのがロケ地巡りをする際に気になるところ。カフェBubby’sのメニューと、実際に支払った金額を紹介します。

Breakfastの時間帯のメニューを紹介

メニュー

私が訪れた10:30頃は、8:00〜11:00のBreakfast(朝食)メニューの時間帯。NYの朝食の定番パンケーキと卵料理がメインのワンプレート料理が充実のメニューでした。

レモネード

NYのカフェやダイナーは、先に飲み物が運ばれてきて、それを飲みながら料理を待つスタイルのお店が多かったです。私はレモネード、友人はコーヒーを注文。レモネードは酸味と甘みのバランスがちょうどよく、とても美味しかったです。コーヒーはおかわりができました。

Abe Lincoln Breakfast
OVERSTUFFED GREEN OMELET

私は22ドルの”OVERSTUFFED GREEN OMELET”を注文(写真下)。”scallions”が何かはわからなかったのですが、大好きなブロッコリーとチェダーチーズに合うものだからきっと美味しいだろうと確認せずに注文。ネギでした。とても美味しかったです。

朝食二人の予算は?

朝食メニューの時間帯に二人で食事をした合計金額は、日本円にして約7000円でした。内訳は、レモネード5ドル、コーヒー4ドル、グリーンオムレツ22ドル、そして朝食プレート24ドルの計55ドルに、セールスタックスが4.88ドルで合計59.88ドル。そこに約10ドルのチップが加わります。

私たちの滞在中の朝食は、大体ワンプレートとワンドリンクで一人10ドルから20ドルほどの日が多かったので、比較すると少し予算は高めのお店です。しかし、値段が上がるということは一般的に、それだけ料理の質はもちろん、素敵な店内の雰囲気や店員さんの対応などがより良くなるので、一概に高いとは言えないかもしれません。

せっかくのニューヨーク旅行の際にはぜひ、映画『プラダを着た悪魔』のロケ地、カフェBubby’sに足を運んでみてはいかがでしょうか?